« レバーカツをさっぱりと | メイン | あけまして おめでとうございます »

テキストの次に読んだ本

2007年もあと少しです。 皆様は、どんな1年でしたか?
私は今年9月から、少しずつですが12年ぶりに仕事を始めたことが大きな出来事でした。
OLのときの仕事も好きな仕事でしたけど、自分で「今、始めよう。」と思って始めた事なので、なおのことです。
きっかけは、両親の暮らしが2人では不自由になってきて、いろんな人に助けてもらうことでの出会いや想いからでした。
新しいことをはじめると気づくのは、「自分の出来なさ加減に気づく」という事です。
毎回仕事に行く度に、道路にできた穴っぽこを埋める作業を想像しています。
「よし、ここは埋めた。」と思って進むと、次の穴がボコボコあいていたり、埋めた穴がまたあいて引き返したり・・・。
自分のダメなところ、足りないところはキリがないなあと思います。 でも、いいこともそうじゃないことも含めて、一生懸命になれる場所があるというのは、なかなかいいものだなあと思っているんですよ。

授業を受けたり、実習で学んだりしましたが、基本的なことからテキスト通りでないことはいっぱいありました。
つらいキツイ仕事と思われている職種ですが、予想外の喜びもとても多いのです。
この本も、そういう経験談がたくさんあって、笑いながら共感できる事が多かったです。
来年も、ここから少しずつ経験を広げていければいいなあと思っています。
皆様も、どうぞよいお年をお迎え下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3107

コメント (2)

りっつ:

harumiさんの謙虚な姿勢いつもすごいな~と思います。
見習います。
私は今年も悩める1年でした。(滝修行に行きたいことしばし)来年こそ平常心で過ごしたいな~
今年も楽しいブログありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。今度お仕事の話聞かせてね。よいお年を!

はるみ:

あけまして おめでとうございます

コメントのお返事が年が変わってしまいました。
失礼致しました。
いつも、コメントをありがとうございます。

この本の中に、「年をとると個性が煮詰まる」というお話があって、本当にそうだなあと面白く読みました。
私もだんだん親に似てきたところもあって、いいところだけ煮詰まってくれればいいなあなんて考えていますけど、
きっとなかなか変えられない部分が多いんだろうなあ。

今年もすばらしい一年にしたいですね。
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

About

2007年12月30日 16:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レバーカツをさっぱりと」です。

次の投稿は「あけまして おめでとうございます」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。