« 借り・わんこ 再び | メイン | やっぱり蛸でしょう? »

16年後のひとりごと

16年程前に、その頃の夫の仕事とか生活を書いた文章が本に載ったことがあるんです。
今は絶版か何かで在庫もないようなので、 きっとみなさんの目に触れる事はないと思うので、チョット安心して書いちゃいます。

依頼があって書いた原稿はきっと添削されたり書き直されたりするものと気楽な気持ちで書いたら、
そのまま載ってしまったので、あまりの気恥ずかしさに以来ず~と本棚にしまいっきり・・・。

現在、本屋さんのサイトでのこの本の評価は★三つですって(笑)
思えばわずか16年前なのにこんな検索が出来たり、インターネット、
ブログの時代がくるとは夢にも思っていなかったです。
これから先は、どこへ行くのでしょう?
ダンナさんの仕事も、それだけ進化してきているってことですね。
本当に大変な事だと思います。

こちらは、その時の挿絵マンガですが、
ずいぶんかわいい妻に描いていただきました!
その頃、お世話になったみなさんに感謝です!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3254

コメント (7)

SNOOPY:

最後のコマの「明日築地に行ってこよう」が
リアルで笑えました。(^^)

SNOOPY:

あ、よく見たらsantaまで出演している (^^)

はるみ:

フフフ、あんまり変わってませんね!

zukudase:

これが噂の…!
今度見せてくださ~い!!!

はるみ:

では、16年後にということで・・・・。

zukudase:

うふっ!楽しみ。
…これから、16年後?

はるみ:

そうそう。

ナ~ンテ、うそですよ~。
心臓強くしてお越し下さいマセ。

コメントを投稿

About

2008年7月 3日 16:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「借り・わんこ 再び」です。

次の投稿は「やっぱり蛸でしょう?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。