« 当たり前になってきた事 | メイン | 最後の給食と、思い出の整理 »

カルボナーラをクリーミーに

春休み中、手伝いをだいぶしてもらいました。
ある日は仕事から帰ってきたら、パスタを作ってくれていました。
カルボナーラが大好物な娘は、美味しくできるコツをお父さんから教わったそうです。
①カリカリベーコンを作っておきます。
②そのフライパンに、生クリームと牛乳を入れて温め、そこに茹でたパスタを入れます。塩で味を調整します。
③温まったらすぐに火を止め、卵の黄身を溶いたものとパルメザンチーズを入れて絡めます。 最後に胡椒をふって出来上がり。

卵の黄身に火が通らないようにすることがポイントですね。
クリーミーなカルボナーラを作るのは試行錯誤していました。
この方法はいいなあと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3256

コメントを投稿

About

2008年4月 5日 18:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「当たり前になってきた事」です。

次の投稿は「最後の給食と、思い出の整理」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。