« お絵かきの思い出 | メイン | これは? »

シュルシュル着る、着物

今度の日曜日に着物を着て出かけることになっているので、今日から時間を作って特訓です!
久しぶりで大丈夫かな?と、とても自信がなかったのですが、手の動きは意外と覚えているものですね。剣道の防具、袴など紐の結びが多いので慣れているという助けもありました。着物を着るときのシュルシュルって音がすごく好きです。
でも、今日はズルズル・・・。明日からまた、がんばります。

お太鼓結びだけは、お友達に教えてもらって結べるようになりましたけど、帯を結ぶのは大変です。
でも・・ですね。
私はもう一本の帯はとても結べず、母からもらった二部式の帯にすっかり頼っているのです。
母は「苦労して着るのが嫌になるより、ずっと楽!」と言いながら、帯を切って二部式に作りかえていました。結んでしまえば外見からはわからないし、最近は、二部式を楽しむという本も出ているようです。今度読んで、持っている帯を作り変えるのもいいなあと思っています。
伝統的には決して正しくはないのかもしれませんけれど、難しいからと箪笥に仕舞ったっきりになってしまっては、やはりもったいないです。

着物はあまりに晴れの日のものになってしまって、普段の生活から遠のいてしまっていますけど、ゆるくゆったりと体になじむ着方をしている方は、とてもいいなあと憧れます。
一朝一夕には、出来ないことですけれど・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3316

コメントを投稿

About

2008年5月13日 20:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「お絵かきの思い出」です。

次の投稿は「これは?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。