« パワー不足を感じた時に | メイン | あら、幸せ! »

日々の挑戦(大げさ!)

日常の事でも、料理の事でも、
文章を書くというのは難しくて、実は面白いと、
日々感じながら書いています。

新聞のひととき欄とかありますね。
一般の人の文章でも、組み立てとかユーモアとか引きつけられる文章があって、
時々「なんてうまい!」と思って、切り抜いておくことがあります。
人に伝えたい事を、客観的に、短く書くというのは、
芸術というか、センスというか、そういうものが必要なのかも知れません。

ブログは、画面で読むものなので、
読みやすい長さは、意識しています。
他の方の文章で長いものは、すごいなあと思いながらも、
画面では拾い読みに慣れてしまっていて、実はしっかりと読めません。
あまり端的すぎても、さみしいし、
書きたい事とのバランスは難しいなあと思うところです。

リンボウ先生のこの本は、1年くらい前にふと手にしました。
とても、面白いです。
「文字を惜しめ!」というのは、
なるほどなあ。と、思います。
生徒さんの作品への鬼のような赤ペン添削も、とても為になります。

私は人前で話すのはとても苦手でしたが、
「何を言いたいか?」というポイントを先に決めてから話すと、
話しやすいということに気がつきました。
ブログと同じだなと感じたりしています。

さて、今日の文章は少々長くなりました。
読んでいただけましたでしょうか?
赤ペン添削しないでくださいね。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3454

コメント (2)

Toni:

売文を生業としていた(している)身からいうと、
はるみさんの文章は無理をしない自然な感じで、
それだから長続きしているのでしょう。
無理やり、こねくり回した文章ほど何が言いたいのか、
わからないし、読後感が悪い。
文章って言語の可視化だから、多少の技術は欠かせない
けれど、短文ほど難しいですね。
これからも、の~んびりとゆ~っくりと書き続けて
くださいね。

はるみ:

Toniさん

そうでした、Toniさんはプロでらっしゃいました(汗)
でも、とてもうれしいお言葉をありがとうございます!

6年前から、もうちょっと旨くかけないかな?と思いながらも、
あんまり向上してない気がしてるんですけど(笑)
その時、その時のことをこれからもの~んびり、ゆ~くりやっていきますね。

コメントを投稿

About

2008年9月 4日 16:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「パワー不足を感じた時に」です。

次の投稿は「あら、幸せ!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。