« ピタリになった日 | メイン | 頭痛対策のその後 »

自分の事に照らし合わせてみる

去年まで塾通いしていた娘ですが、中学に入ってZ会を始めています。

なかなか宿題や部活、遊びたい事との時間の調整がうまく出来ないので、
提出出来たり、出来なかったりみたいですけれど、
自分から時間を作る工夫と習慣がつけばいいなあと、長い目で様子を見ています。
私たちの時代の通信教育と違って、ポイントがたまったり、応援のファックスが届いたりと、
手厚いサポートがあるのには驚きました。
夏休みには「やる気の出ないときは」というファックスが来たのですが、
それは、「やる気の出ないときは、なんでもいいからとにかく始めてみる。」と言った内容のものでした。
人間には、とにかく体と頭を動かせば、その作業に引き込まれる作業興奮という働きが脳にはあるのだそうです。
フムフムなるほど、そいういう事ってありますよね。
そのファックスに応援されて、やる気の出なかった家事をやってみた母でした。ハハハ・・・。何もがんばるのは勉強だけでも、子供だけでもないですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3566

コメントを投稿

About

2008年11月 7日 21:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ピタリになった日」です。

次の投稿は「頭痛対策のその後」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。