« 夏が来る前に | メイン | フニャフニャ »

味の変化形

kouchabuta.jpg

紅茶のティーバッグで豚の紅茶煮を作りました。
豚のもも肉の塊と生姜、ネギの青い所を入れアクを取りながら、ひたひたくらいの水からコトコト煮ます。
アクが出にくくなったら、
紅茶のティーバッグ2つ、酒1、みりん1、酢1、醤油2の割合で味付けします。
黒砂糖も入れると、味に深みが出ますね。
40分程煮たら、鍋をそのまま冷まします。
調理の時間に冷ます時間も考えて作るという事に、最近気がつきました。

煮豚を作ると、煮汁がたくさんできますね。
今回の、煮汁の変化形は、
豚の紅茶煮
     ↓
翌日、豚足を買ってきて、コラーゲンたっぷり豚足煮。
     ↓
その翌日、トマトとデミグラスソースを加え、牛肉、タマネギ、キノコで、
何日も煮込んだようなハヤシライスと変化して、
煮込み料理3日連続で、全部をおいしく食べきり!です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3799

コメントを投稿

About

2009年6月18日 09:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夏が来る前に」です。

次の投稿は「フニャフニャ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。