« 器はメロン | メイン | 緑の風の中に »

トウモロコシご飯の日

corngohan.jpg

トウモロコシ、暑くなるとますます美味しくなってきますね。
茹でてからご飯に混ぜるのではなくて、生を削り落として、
ご飯を炊く時から入れるとトウモロコシご飯が美味しくなるんですね。
酒、みりん、醤油、塩で軽く味付けをし、じゃことトウモロコシで炊きました。

夏の大根はおろしにすると辛みがあって、よくしたもので薬味にはぴったり。
でも、煮物は冬の大根にはかないませんね。
築地の「味のよねくら」さんで買った「ゆで干し大根」は、
甘みがあって、とても美味しい!(写真、左下)
旬の美味しさを閉じ込めた乾物を使うのも、日本の知恵ですね。
この日の夕食は、これに「サワラの味噌漬け」と「ニラと豆腐のみそ汁」でした。
蒸し暑さに負けないよう、ご飯もおかわりしてたくさん食べましょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3822

コメントを投稿

About

2009年7月 9日 09:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「器はメロン」です。

次の投稿は「緑の風の中に」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。