« 簡単、おいしい!教わった料理 | メイン | 八丁味噌のコク »

簡単、おいしい!教わった料理2

hotatekan.jpg

お茶の先生に教わった料理です。
キャベツは一口大に手でちぎります。
たっぷりの湯を沸かし、塩と少量の油を入れた中でサッと茹で、
水気を切って皿に盛ります。
ホタテの缶詰1缶を鍋にあけ、同量の出汁、少々の塩、醤油で好みの味にします。
片栗粉でとろみをつけて、キャベツの上にかけて出来上がり。
あっという間にできますが、後をひく美味しさです。
キャベツがたっぷりと食べられます。

片栗粉のとろみ加減というのは、結構難しいですよね。
餡にするか、丼物にするか、スープにするかで加減が違いますしね。
私もいっぱい失敗しました、これも経験ですね。

最近、お茶のお友達が新婚さんになったので、
先生がいろいろ家庭料理のアドバイスしてくれているみたいです。
先生はお料理もとても上手なので、私も勉強になりますっ!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/3856

コメントを投稿

About

2009年8月25日 07:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「簡単、おいしい!教わった料理」です。

次の投稿は「八丁味噌のコク」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。