« のんびり待ち時間 こんな日もいいじゃないですか | メイン | 卵焼きLOVE »

1年経過

去年の今日は、オバマ大統領の就任式があった日です。もう1年ですね。
私にも1年たった事があります。
新聞の記事の書き写しです。
休んだ日もあったけれど、ほぼ毎日書き続け、大学ノートが8冊になりました。
1年は早いけれど、何かを続けているとこんなにたまるんだわー。

sinbun.jpg
母は新聞を読むのが好きでした。
朝早くからよく働いていた母は、夜になると「やっと新聞が読める」と喜ぶのですが、
すぐにコックリコックリと、うたた寝をしていました。
この1年、母と話が出来なくなりました。
自分で呼吸ができなくなり、管に生命をゆだねる日々が続いています。
母を思うと、切なさから不安定でした。

きっと何かに集中していたかったのだと思います。
娘とのちょっとした会話の中から写経ならぬ、写記事を思いつき、
まず「天声人語」から書き始めました。
オバマ大統領の就任演説や村上春樹さんのスピーチなど、
大作に挑んだ日もありました。
長い短いありますけれど、一日の最後に落ち着く時間です。

「お母さん、今日は何を書くの?」とリビングで宿題をする娘の前で、黙々と、またおしゃべりをしながら書いています。
(一応、宿題と書いておきましょうね。)
こんな時間も、母のお陰かなと思います。
今年も続けていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4000

コメント (2)

sacchan:

記事を書き写していると以前書いてましたよね。
思い立ってもなかなか続けていくのは難しいところ。
いつもながら挑戦しつづける姿勢には脱帽です。

私は身体を動かすことをしたいと思いつつ何年もできないでいます。
衰えつつある身体、なんとか再生しなければ・・・

ちょっと報告★
母は自分で立つことがなんとかできるようになり、現在リハビリ施設におります。
Haruの経験から来るアドバイス、本当に助かりました。

Haruの切ない思い、ちょっと涙が止まりません。

はるみ:

以前書いた事を覚えていてくれたり、
短い文章に気がついて、声をかけてくれたり、
優しいお友達がいて、私は幸せだなあと思います。
sacchan、ありがとう。

こうして、みんなより少し先に経験できていることも、
今の仕事につながっていたり、両親からのプレゼントかもしれないと思っています。

★あまりいいアドバイスはできなかったけれど、お母さん、よかったですね。
まず、お父さんが一番安心されたのではないでしょうか?
私の施設でもリハビリで元気になられた方はとても多いんですよ。
老いも若きも身体を動かす事は大切ですね。
私たちも加齢に負けず、まだまだ華麗にがんばりましょ〜。

コメントを投稿

About

2010年1月20日 08:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「のんびり待ち時間 こんな日もいいじゃないですか」です。

次の投稿は「卵焼きLOVE」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。