« はじめまして | メイン | 2月に読んだ本 »

料理は食事のためだけでなく

torippa.jpgこの間、ずっしりと気分が落ち込んでしまう事がありました。
日々いろんな事がありますものね。そういう時もあります。

沈んだ気持ちで池袋を通る帰り道、
「そうだ、トリッパを作ろう」と思いついたら、
急にやる気が出てきて元気が出ました。
手間のかかる面倒な料理を集中して作って、
気を紛らわせる事ができるって、なんてお手軽なんでしょう?!

国産牛の「ハチノス」(第二胃袋)を生で買いました。
さて、時刻は午後4時。
夕飯はいつも7時〜7時半。タイムリミットは3時間強です。
下処理から始めます。

ハチノスは流水で良く洗い、
水から肉を入れ、沸騰したら茹でこぼして洗う作業を4回。
香味野菜(ニンニク、タマネギ、人参、セロリ)を入れて、アクをとりながら、
1時間半煮込みます。
隣でルクルーゼ鍋で、タマネギ、人参、セロリ、ニンニクを炒め、
ホールトマト、大豆の水煮、赤ワイン、鶏ガラスープ、ローリエを入れ煮込みます。
ハチノスを取り出して、食べやすい大きさにカットし、
ルクルーゼでコトコトと煮た野菜の中に入れます。
このまま、味を見ながら一体感が出るくらいゆっくりと煮ていきます。
ご飯と一緒に頂きましょう。
パセリとチーズを降って、出来上がり。

娘もおかわりして食べました。
こういう部位も抵抗なく、好んで食べてくれます。

嫌な事があったとしても、日に3回の食事を考える喜びが多少なりともあるのなら、
それはそれでいい事だなあと思ったりしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4037

コメント (2)

まるみ:

お料理で気分はアップしましたか?
体と手を動かして嫌なことを忘れるっていいことですね。
私は 気分がダウンするとさっぱり動けなくなってしまうので・・・あっ!食べるくちだけは動きます(^^ゞ

しかし はるみさんは 今 流行りのホルモンヌ??

はるみ:

あはは。本当だ。
私ってホルモン系肉食女なのかも?
動物占いは「こじか」なのに・・・・。

ちょうど「食堂かたつむり」を読んでいたので、
ちょっと影響を受けました。
料理って、キチンと考えて作る方が面白いって。

毎年、この時期は弱いのですが、
心と体は連動しているみたいで、少し不調です。
しばらくおとなしくしています。
まるみさんも、体調に気をつけてくださいね。

コメントを投稿

About

2010年2月24日 07:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はじめまして」です。

次の投稿は「2月に読んだ本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。