« 家でトムヤムクン | メイン | はっさくマーマレード »

救急救命講習

この1週間に2回、救急救命の講習会に参加しました。
1度目は消防署での3時間の普通救命講習、
もう一方はアメリカで誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムを使った講習をしてくれるMFA(メディック・ファースト・エイド)の6時間の講習会です。

1月に職場で救急救命が必要な場面がありました。
幸い自発呼吸を取り戻されましたが、実際の救命には応急手当の行為以外に必要な知識がたくさんあると感じました。

緊急事態に気づく事、救命にかかわると決める事、救命の講習に参加するたびにその部分が不安でした。
6時間の講習の中では、突発的な場面に遭遇する一般の人達の一連の救命の流れや会話がビデオで紹介され、その流れに従って講師の説明と実技を試してみるという講習はとても自分にとっては新しく、勉強になりました。
最後にCPRとAEDの国際修了カードも頂けました。
2年間が有効です。
方法の更新という事と、記憶の期限!確かにそうです。
とても良いテキストを頂けたので、時々読み返すようにしたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4062

コメントを投稿

About

2010年3月28日 10:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「家でトムヤムクン」です。

次の投稿は「はっさくマーマレード」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。