« 先を越されました | メイン | されど 白和え »

直してもらって使いましょう

nihonbasi.jpg昨日のお休みに日本橋の高島屋さんに行きました。
以前は池袋のデパートでも買う事が出来た京都有次さんの道具ですが、
今、東京で買えるのは日本橋と玉川の高島屋さんだけなのだそうです。

10年程使っている「おろし金」の目立てをお願いしたかったのです。
いったんすべて削り落として、錫を塗り直し、目立てを手作業でしてくれるそうなので、戻ってくるまで1ヶ月半〜2ヶ月かかるそうです。
気長にワクワクと待ちましょう。
今持っている有次さんの他の道具もだいぶ長くなったので、この機会にと扱い方法も確認してきました。
ビフォーアフターは戻ってきたときに書きたいなあと思います。

久しぶりに日本橋まで出ました。
商品の見せ方とか店内の重厚な内装とか、いいなあと思いながら目の保養をしてきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4100

コメントを投稿

About

2010年4月20日 17:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「先を越されました」です。

次の投稿は「されど 白和え」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。