« 小休止 | メイン | カテゴリ追加です »

お久しぶりです

hahahenohana.jpgすっかりご無沙汰してしまいました。
ブログに写真を取り込む方法さえ、「あれっ?」って感じで思い出すのに時間がかかる程・・・・(笑)

このブログを始めたのが2003年5月のこと。
両親の介護保険の相談に市役所を訪れたのが、その年の11月でした。
7年心の隅にいつも心配事がありました。
5月24日に母が亡くなりました。
長い入院生活でしたから、覚悟はできているって思っていましたが、
やっぱりちょっと後遺症があって、
いままで当然のように続けてこれた事が、
ボーっとしてぷっつり出来なくなったりしていました。

でも、だんだんと時薬が効いてきたようです。
自宅調理部さんは毎日お弁当作りを頑張っていて、
1学期中一度も私がお弁当を作る事もなく、楽しく料理をしていました。
好きな事があるというのは、日々の原動力ですね。
私も日々思う事や食事の事、好きな物、少しずつ書いてみたいと思います。
またどうぞ、よろしくお願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4147

コメント (10)

SNOOPY:

おかえりなさい

もりもり:

大変だったのですね!
私たちくらいの年齢になると親の介護や死にたいして
考えなくてはならなくなります。
親の死と同時に親となっている自分も、
今後の自分はどうあるべきかと、
考えさせられます。

けん:

どうしたのかと思ってたのですが。。。なにも知らず失礼しました。悲しみ計り知れないものと察します。フラッシュバックあるかもしれませんが、普段の生活に戻って天国のお母様を安心させるのが一番の供養かもしれません。どうぞご自愛ください。心よりお悔やみ申し上げます。

合掌。

はるみ:

SNOOPYさん
ただいま!です。
一番にコメントをありがとうございました。うれしかったです。

はるみ:

もりもりさん ありがとうございます。
本当にそうですね。
まわりからもだんだんそういう話を聞くようになりました。
日頃から気軽に相談できる介護経験者が近くにいてくれると、
一番気持ちをわかってくれて、そういう共感してくれる人がいるという事が、
大きな助けになると経験から思いました。

親とは体質とか似ていたりするので、
反面教師じゃないですけど、
その弱い部分を気にしながら年をとる事が大切かなっと思います。
うちは一人娘なので、あまり負担をかけないようにしなくっちゃ・・・・

はるみ:

けんさん
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
そうですね。元気で楽しくしていないとね。母の為にもね。

これからは父もおりますから、第二章になりますけど、
みんなとも、たくさん会いたいわ!

まるみ:

おかえりなさい。
大変でしたね。
蒸し暑いので はるみさんも身体に気をつけてくださいね。
元気で前向きないつものはるみさんでおられることを
お母様も見守ってくださることと思います。
合掌

sacchan:

お久しぶりです。
「小休止」を見た時になんとなく心に引っ掛かるものがあったのですが、
やはりそうだったんですね。
お悔やみ申し上げます。

私も同じく母がかなり心配な現状。
頭では理解できているつもりですが、いざとなったら自信がない。
ここ数ヶ月足を運んでいないので、一仕事終えたら顔を見にいかなくちゃ。。。

お母様の事をきっかけにHaruが介護の勉強を始めた事、
お母様はとても嬉しかったでしょうね。
きっと安心して旅立つ事ができたと思います。
慌てずゆっくり参りましょう。(^^)

介護の先輩として、そしてプロとして、これからも相談にのってくださいね。

はるみ:

まるみさん ありがとうございます。
今頃、まるみさんもたくさん本を読んでらっしゃるだろうなあとか。
保護者会でお会いできなかったなあとか・・(^^)
私も寂しく思っていました。

前向きというか、いろいろと考えすぎていた所もあるので、
ちょっと力を抜いてユルユルとこれからを楽しみたいと思います。
考えない練習?! なるようになるってね。
また、よろしくお願いしますね!

はるみ:

sacchan ありがとう

お母さんの事、心配ですね。

5月、母の調子が悪くなってきた頃、
綾戸智絵さんがお母様の介護生活についてテレビで話されているのを観ました。
「不安になるのは、知らないから。それを必ずしも怖い事と決める必要はない」というような話されていました。
介護をするというのは、先が見えない、目に見えない精神的な不安がありますものね。
私が勉強してみようと思ったのも、知らない不安をなくしたいからだったかもしれないなあ。
でも、不安とか負い目とかいつまでたってもなくなるものじゃなかったみたいです。

お仕事一段落して、遊びに行ってさしあげたらご両親の一番のお薬になるでしょうね。
意見があわなかったり、たとえケンカしてもそうできることこそが親子ですもの。
それはね、介護士にはできないことだなぁって思います。
sacchanも体に気をつけてね。
また楽しく会いましょう!

コメントを投稿

About

2010年7月 5日 10:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「小休止」です。

次の投稿は「カテゴリ追加です」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。