« おむすびを持って | メイン | 愛南ゴールド »

テーブル・にんにく醤油

ninnnikushouyu.jpg以前は山のように作ったにんにく醤油ですが、小さな瓶にちょこちょこっと気軽に使えるテーブル・にんにく醤油を作ってみました。
継ぎ足していってもいいですしね。

まず、「きぬかづき」に。
小さな石川早生という種類の里芋を蒸かしたものです。
料理家の山本麗子さんが本の中で「きぬかづきにはにんにく醤油で食べるものと信じていました」と書いてらっしゃいました。
塩もいいけど、旨味が増します。

チャーハンや炒め物の隠し味にいいですしね。
保存食ではあるけれど、ものは考えようで、
しょうゆ差しに直接作っている人もいるみたいです。
気楽に目につく所からパッと使えるっていうのが、マメに使いきるコツですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4163

コメントを投稿

About

2010年7月13日 07:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「おむすびを持って」です。

次の投稿は「愛南ゴールド」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。