« 缶詰でサラダ | メイン | 先週のメモ »

自宅調理部 びっ栗!

自宅調理部さんがずっと「栗の渋皮煮を作ってみたい」と言っていたのですが、
近くのスーパーで栗がみつからず、
自分で方々まわって探してきて、しかも一袋分は自分の小遣いだそうです。スゴ。
kuri201001.jpg一晩つけておきます。

kuri201002.jpgさて、皮むきです。
一応栗むきは初心者さんなので、ハサミを使いました。
不本意らしいけど、いっぱいあるので母もちょっとだけお手伝い。
いつもは邪魔な渋皮だけど、黄色い身が出ないようにむくのは結構難しいです。

kuri201003.jpgやった!
1時間かかりました。

kuri201004.jpg次はアク抜きの為に茹でます。重曹を入れます。
ゆで汁の色、すごいわー。
水をかえて、何度も茹でこぼします。

kuri201005.jpg次は余分についている渋皮を洗いながら取り除きます。
そうか、渋皮煮の渋皮は必要最低限の渋皮なんですね。
細かいところは竹串でとりながら・・・・。

kuri201006.jpgこんな感じです。

kuri201007.jpgここまでは準備、これからお砂糖で煮ていきます。
何度かに分けて砂糖を加え、一度冷ましてからまた煮詰めていきます。
母はここで寝てしまいました(笑)

kuri201008.jpg完成です。
つやつやで美味しそう〜。
渋皮で守られているので、栗の旨味が凝縮していますね。
渋に砂糖がしみ込んで、上品な甘さです。
なるほど!渋皮煮ってこんなに手間がかかって出来ているんですね。
何日もかけて作った自宅調理部さん、がんばりました。

瓶詰めにしておけば、1年くらい持つそうです。
これからお菓子作りやパンなどに使うのだそうです。
どんなお菓子になるのかなぁ〜

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4302

コメント (8)

けん:

お疲れ様でした。手間がかかってるんですね。美味しそうなんで一度トライしてみたい。

まるみ:

渋皮煮!!
自分以外に実際作った人を初めて見ました。
時間がかかりますよね。

うちは親戚から毎年 栗がたくさん送られてきます。
「手が痛~~~~~い」と言いながら
鬼皮をむき 何回も作りますよ。
今年は 3回作りました。
作った端から人にあげてしまうんですが1年持つんですね。

私はあく抜きに重曹を使います。

はるみ:

けんさん お久しぶりです。ありがとう。

手順を追ってきちんと作るスイーツの出来は性格が出ますね。
きっとけんさんは上手にできますよ!

はるみ:

まるみさん ありがとう

毎年!しかも今年3回も!
もうベテランじゃないですか。
味の交換をしてみたい〜。

そうそう忘れてました。重曹使ってたわ!
手順もすべて娘任せなくせに、記事に書くからダメなのね(笑)
ちょっと追加しました。

foo:

渋皮煮なつかしい!!
子供の頃から10年くらい前まで
ずっと母が作ってくれて、よく食べてました。
でも私は一度も作ろうと思った事はなかった(^^;)
手間暇かかったぶん、ほんとおいしいですよね!
最近では、実家の栗の木も数が減り、
私のところへなかなか届かなくなってます・・・。

sacchan:

私なんか「栗ご飯」にするために栗をむくのも面倒(^^;)
娘が学校行事の民泊で泊めていただいたお宅から
大量にいただいた時には、泣きました。助けて~って(><)

いつもながら、自宅調理部さんには脱帽です!
やっぱり育ってきた環境なのね(^^)

美味しいお菓子になる時には、声かけてね~♪
家族揃って押しかけるから!

はるみ:

fooちゃん ありがとう。

この記事を書いて、結構たくさんの人が渋皮煮を作っていたり、
思い出がある人が多かったりするんだなあと、
いただいたコメントやメールで思っていました。

お母さん、ずっと作り続けてくれていたのですね。
毎年季節ごと家族が楽しみにしている味があるって、すごい事よね。
なんだか、fooちゃんのいつも明るい笑顔の素!わかる気がします。
以前いただいたお野菜や栗、美味しかったなあ。

通勤の時は大変だったけど、
都会の喧噪を離れてホッと帰れる場所があって、それはとてもうらやましいです。

はるみ:

sacchan ありがとう。

私も今年の栗ご飯は「剥いてある栗」のご飯でした(汗)
「面倒」となるべく思わないように!とはわかっているんだけど、
年々、そういう事が増えてきてます。

そういえば、桐島洋子さんの「聡明な女は料理がうまい」の本の中で、
料理が好きになりたいなら、簡単な料理ばかり選んで作らずに、
一番過程が面倒で難しいものを選んでレシピ通りきっちり作る事だといったお話があったように記憶しています。
20代の頃読んだので、もう一度読み直さなくちゃいけないわね。

はてさて、渋皮煮、何になるのかしら?自宅調理部さんに伝えておきま〜す。
ところで、たくさんの栗どうしたのかな?

コメントを投稿

About

2010年11月25日 07:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「缶詰でサラダ」です。

次の投稿は「先週のメモ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。