« 生姜ジャム | メイン | 報告会 »

とろりん玉

tororin.jpgグラタンのホワイトソースを作る時に、この「とろりん玉」を作っておくと、クリーム味のトロミを出すとき便利です。

ホワイトソース作りはちょっと手間ですよね。
バターをとかして、小麦粉を入れ、馴染んだ所へ少しずつ牛乳を加えて伸ばしていきますが、
その間、ずっと鍋の中をまんべんなく焦がさないように、かき回し続けなければいけないんですよね。
何度ダマになったことでしょう?
バターと小麦粉を同量にする、これが失敗なく作るポイントのようです。

牛乳を加えながら混ぜる途中で、柔らかいお団子が作れるくらいの堅さになったとき、
大さじ11/2ぐらいを丸めて冷凍しておくと、
ホワイトシチューやパスタを作るときにポン!と入れるだけで便利です。

一回多めに頑張っておけば「あの時の私、ありがとう!」(笑)
シチューもあっという間にできて、楽チンです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4385

コメント (6)

Zukudase:

ネーミングがかわいい!
まねしてみま~す♡

まるみ:

以前にどこかで見てから我が家のホワイトソースの作り方は・・・
まずバターでみじん切りの玉ねぎを炒めます。
そこに 小麦粉を加え人肌に温めた牛乳を入れると
あら不思議!だまにならないんですよ。
試してみて(^_-)-☆

はるみ:

zukudaseさん ありがとう。

伊東家の食卓で以前「とろみ玉」ってやっていたのを覚えていますか?
確か室温で柔らかくしたバターに小麦粉を入れて練ったものを使っていました。
その練る作業だけするより、作るついでがいいかなっと?!
だからネーミングもちょっと変えてみました。かわいい?

ついでって好きなんだわー(笑)

はるみ:

まるみさん ありがとう〜

ウチの母はそのやり方で、
具の入ったホワイトソースを作って茹でたマカロニを煮て、
味が馴染んだものを焼いていました。
パスタにかけて焼くというより、煮込みマカロニ風(笑)
確かにダマになってなかったわ。

あの頃はペンネとか、アルデンテとかなかったなあ。
あの頼りなくて柔らかいマカロニがちょっと懐かしく思い出せました。

Zukudase:

ついで、は大好きです。
てきとーも、大好きなので、そのたびに違う味が楽しめます。

とろりん玉、ためしてみますね。

はるみ:

Zukudaseさん

ついで、てきとー、いい加減、思いつき、その場限り、あるもの使う、大好き♪
ウチのブログにレシピが載せられない理由がわかりますわねぇ・・・(ため息)

寒いうちに、是非お試しを〜!

コメントを投稿

About

2011年2月26日 06:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生姜ジャム」です。

次の投稿は「報告会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。