« 2011年 2月に読んだ本 | メイン | 同じ釜の?! »

足りないそうです

テレビのニュースでも報道されていましたが、
先日書いた子宮頸がんの予防接種ワクチンが足りないそうです。
お友達のZukudaseさんから今朝メールをいただいて、
あわてて予約の電話をかけましたが、
どこにもなくて入手時期未定だそうです・・・。
のんびり春休みになんて言ってたら遅かったんですね。

練馬区役所に問い合わせたところ、有効期限を来年3月まで伸ばすので夏以降ワクチンが入ったら受けるようにしてくださいとの事、
でもまあこれだけ足りないということは供給会社さんの読みも甘かったという事でしょうか・・・。

さていよいよ卒業も近づいてきました。
その前に、娘は明日からスキー教室です。
みんなで楽しんできてくださ〜い。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4391

コメント (2)

まるみ:

そうです。
読みが甘かったのです。

ただ 子宮頚がんワクチンは 赤ちゃんの肺炎球菌ワクチンやヒブワクチンほど急がないので 安定供給されるまでしばらくお待ちください。
夏には接種できると思いますよ。

それより 赤ちゃんたちの予防接種がまたまた見合わせになってる方が心配な私。

はるみ:

まるみさん ありがとう。

昨日の朝もそのニュースをみました。
安全確認という足踏み状態の時が長ければ長い程、
本来の安全が確保できない危険な状態といえますよね。

どこの病院も患者さんがいっぱいで、
特に小児科の先生の負担も大きくなるばかり、
長くみて頂いているかかりつけの小児科の先生も今入院されていて、
そこで接種ができませんでした。心配しています。
医療に関わる方達の健康も心配です。

コメントを投稿

About

2011年3月 8日 16:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2011年 2月に読んだ本」です。

次の投稿は「同じ釜の?!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。