« ラジオの力 | メイン | スペインへ »

分かち合い

計画停電、今までに経験のない電気のこない生活。
どうなってしまうのだろうという不安はあります。
でも、大規模停電という恐ろしい事態をさけるために必要であるならば、
この緊急の事態に痛みは分かち合わなければいけませんね。

湯水のように使えていた電力に頼って豊かな毎日を送ってきた私達、
この危機をどう乗り越えるか?
これからの世代に後々恥ずかしくないように、
冷静に落ち着いて判断し、行動する事を私たち大人は考えなければいけないなと思います。

家の事はなんとでもなりますが、
炊飯器でなくて、どんな鍋でもご飯は炊けます。
お米とお水を同量を鍋に入れ、沸騰するまで強火、沸騰したら弱火にして10分、
それだけです。火を消して混ぜた後10分ほど蒸らします。

炊いたご飯を温めるには、
電子レンジを使わず、蒸し器がなくても、
例えば18センチの鍋には18センチのザルがぴったりはまります。
鍋の底1〜2センチ程度水を入れ、ザルに冷えたり凍らせたご飯を入れて温めれば、
ふんわりと美味しく蒸かす事が出来ます。

パンはオーブントースターで焼かなくても、
同じように蒸かしたパンもふんわりして美味しいです。

汁気の多い煮物を多めに作っておけば、温めやすく心強いです。

出来る事を工夫して過ごすようにしましょうね。
ただ、交通機関やライフラインに不安のある現在に母親として気をつけなくてはいけないのは、
家族の健康です。
どうぞ、怪我や病気に気をつけて過ごしましょう。

人生の先輩であるお仕事先でお会いするご高齢の方は戦争を経験された方ばかり、
きっと教わる事も多いと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4396

コメント (2)

まるみ:

できることからこつこつと・・。
テレビをやめて ラジオにしたり
使わない電化製品のコンセントを抜いたり
照明もひかえたり
しております。

家庭は 明るいうちなら停電しても
それほど問題ないけど
仕事関係は大変みたいですね。

民放のテレビ局 輪番で休んだら?
って思います。
ずいぶん節電出来ると思うし
一つのチャンネルが映らなくても
問題ないと思うんだけどな。

はるみ:

まるみさん ありがとうございます。

報道は大切だけれど、私も確かにそう思います。
家庭でできる節電もできる限りしますけれど、
街角の自動販売機も今はもっと減らしていいんじゃないかと思います。

卒業式も中止になりましたね。
まるみさん始め役員のみなさんは準備にいろいろお時間を使っていただいていたのに残念です。

コメントを投稿

About

2011年3月14日 07:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ラジオの力」です。

次の投稿は「スペインへ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。