« ツボったボトル | メイン | ハーブの収穫 »

2011年 5月に読んだ本

「飢餓海峡 ー下」 水上 勉さん
「八日目の蝉」 角田 光代さん
「悼む人」 天童 荒太さん
「プリンセス トヨトミ」 万城目 学さん
「包帯クラブ」 天童 荒太さん

映画の「包帯クラブ」がとても好きで、
HDDに私が唯一キープしている映画です。
「悼む人」を読んだ後、「包帯クラブ」の小説を読んでみると、
映画の意味もまた違ったものに感じられました。

人の傷を自分の傷のように感じたり、
想像力を働かせ相手を気遣う事は、
震災の後、みんなが思っている事だと思います。

「悼む人」、今だからこそ胸に響く一節がたくさんありました。
そして・・・・。

ayuru.jpg昨日のヨガの教室で、
先生にアーユルヴェーダの本をお借りしました。
先生は4冊も用意してくださっていました。
どれかが選べず、4冊全部お借りしてしまいました。
今週は時間を作って、勉強したいと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4458

コメント (2)

まるみ:

お久しぶりです。
毎回 拝読しておりましたが コメントはご無沙汰でしたm(__)m

「悼む人」「プリンセストヨトミ」「包帯クラブ」は私も読みましたよ。
「悼む人」のあとに「静人日記」も読むとまたおもしろいかも。

はるみ:

まるみさん お久しぶりですね。
お元気でしたか?

自宅調理部さんも部活を2つ掛け持ちするようになりました。
どちらもゆるい(^^) みたいですけどね。
先日の模試では、息子ちゃんも同じ会場だったとか?
遠くまで、大変でしたね。

「静人日記」読んでみます!!
静かな人・・日記、タイトルから伝わるものがありますね。

コメントを投稿

About

2011年6月 6日 07:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ツボったボトル」です。

次の投稿は「ハーブの収穫」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。