« 梅雨明けの予感 | メイン | 梅雨明けにすること »

I can do it!

ucchan.jpgウッチャンの一人芝居「東京オリンピック生まれの男」の千秋楽に、
娘と行ってきました。

最初から最後まで、笑って、感動して、共感した舞台。
客席との一体感、波のような笑い声が絶えず、
それが演出の一つにもなっていて、
まじめで誠実な内村さんが生み出す、心地よく気持ちのよい空間と笑い。
脚本も手がけ、一人で演じる2時間20分。
伝説になってもおかしくない素晴らしい舞台でした。
千秋楽、声が枯れる事も無く、若々しく機敏な46歳。尊敬します。

学年は一つ上だけど、
私も東京オリンピックの年生まれですから、
使われている音楽、流行の遊び、あまりにピッタンコでうれしくなりました。

若い頃の失敗も赤っ恥も、無駄なものは一つもないって、
若い世代に伝えたい事の一つだけれど、
いまだに迷い、でも外見はいい大人になったこの世代からのメッセージ。
この年になって、やっとそれが分かってきたってことありますね。

「i can do it!」
人生という作品にいくつになってもどん欲にチャレンジ、まだまだできる!
世界の果てまでイッテQ!の「ヘルメットおじさん」
これから、ますます応援してしまいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4494

コメント (2)

玲子:

え〜!ウッチャン、がんばってるんですね。
彼は私の小・中・高校の一年後輩です!
(向こうはそんな事知らないだろうけど)

はるみ:

出身地から玲子さんと近い〜と思っていました。やっぱり。
今、いろんな年代からとても人気です。
今回のチケット、しかも1階がとれたのは奇跡的?!

一見穏やかそうで、心に秘めたガッツがある。
出身地で共通点を感じますわ!

コメントを投稿

About

2011年7月10日 23:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「梅雨明けの予感」です。

次の投稿は「梅雨明けにすること」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。