« 日本海と太平洋 そして5万歩     カランコロン | メイン | 日本海と太平洋 そして5万歩     そして松島 »

日本海と太平洋 そして5万歩
     七夕まつり

touhoku201109.jpg3日目の朝、鳴子のホテルの朝食バイキングです。
ホテルや旅館の夕食って、ちょっとボリュームあり過ぎですよ。だから、朝は軽く。
バイキングにいろんなお料理が出ていたけれど、
朝はフルーツとヨーグルトがあればいいわー。

再び電車を乗りついで、仙台に向かいます。
東北本線で仙台に向かう電車の中で、
たぶん夏休みで来ているらしい小さなお孫さんを連れたおじいさんが、
少ない口数で車窓の風景を見ながら震災のお話をされていました。
まだ瓦礫が残ったり、瓦屋根にシートをはっているお家がいくつもありました。
聞くとはなしに聞こえてきた会話でしたけど、
私の心にも残るお話でした。

touhoku201110.jpg仙台駅に到着しました。
大きな駅ですね。
市内を走る「るーぷる仙台」というバスに乗って、仙台城跡に来ました。
震災の影響で石垣が崩れたところがあり、バス停の場所が変わっていますので、
バスを降りてフーフー言いながら、ずいぶん登りますと・・・。
伊達政宗さん、やっと会えました。
(逆光具合が日差しの強さを物語ってますでしょ?)
ここから仙台市内をいつも見守っているのですね。

そして、この日は七夕祭りの最終日です。
touhoku201111.jpg初めて来た仙台の七夕まつり。
お祭りというと、山車を引いたり、御神輿を担いだり、踊りを踊ったり・・、
全国いろいろなお祭りがありますけれど、
こうしてみんなで作り上げた吹き流しを飾り、それを愛でながら歩く、
不思議だなあと思いました。
でも、思っていた以上に、大きな吹き流しは雄大で美しいです。
今年は特に復興という祈りが込められていて、
心を込めて綺麗に飾られた竹飾りを見ているだけで、その思いが伝わってきて、
とても明るく元気な気持ちになれました。
「綺麗だね」「すごいね」とずーっと言っていました。

touhoku201112.jpg平和への願いを込めた飾りは、吹き流しの部分がすべて折り鶴で作られていました。
見ていて、涙が出ました。

この日はだいぶ歩きました。
くたくたになってホテルに帰りました。もう明日は最後の日です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4520

コメントを投稿

About

2011年8月12日 20:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日本海と太平洋 そして5万歩     カランコロン」です。

次の投稿は「日本海と太平洋 そして5万歩     そして松島」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。