« 日本海と太平洋 そして5万歩     七夕まつり | メイン | 夏野菜いっぱい »

日本海と太平洋 そして5万歩
     そして松島

touhoku201114.jpg最終日、松島に来ました。
松島は島に守られ、津波の被害が他と比べて少なかったそうですが、
これだけの観光地を元の状態に戻すまでは、みなさんの努力があったからだと思います。
松島の島々の中には、津波で様子を変えてしまった島もありましたが、
牡蠣の養殖、海苔の養殖も再開されはじめていました。
牡蠣も今年は無理でも来年には提供できますからというお話でした。
本当に楽しみですね。

touhoku201113.jpg美しかった東北の風景、忘れず持ち帰ろうと思います。
そして、また行きたいと思います。

今回の旅で、5万歩くらい歩いたかな?とタイトルにしていましたが、
娘の携帯の万歩計で6万5千歩だったとわかりました。
本当によく歩いた旅でした。
動いて見てみないとわからないものがたくさんあると気がつきました。
海と海をつなぐ旅、日本海と太平洋。
日本には素晴らしい風景と人の温かさがまだまだありますね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4525

コメント (2)

sacchan:

色々思いを馳せる旅になったようね。
我が家では車なしでは考えられないけど、
電車の旅は違った風景が見られそうで羨ましいです。

仙台の七夕飾り、松島のあまりにも美しい風景に涙が出ました。
今回の津波で無くなってしまった風景が数え切れないくらいあったはず。。。
人の命も、美しい風景も自然の猛威にはかなわないけれど、悔しい。。。

日々いっぱいいっぱいの私。
でも何か出来ることがあるはず・・・よね。

はるみ:

sacchan 暑いけど、元気?
夏休みも娘ちゃん達の活動のスケジュールがいっぱいでしょうね。

私たちの大好きなお友達Mちゃんのふるさとの駅にも挨拶してきました。
優しくて面白いMちゃんを育ててくれた風景なんだなあとしみじみ・・・。
陸羽東線は通学の時に使ってた話を聞いていたからね。
ああ、冬になるとストーブが入ってたんだなあとか(笑)
電車のドアもボタンを押さないと開かないし、閉まらない。
電車も一本逃すと次を待つのは大変そう。
だけど、車内では顔見知りの人たちが和気あいあいと乗っていて温かい雰囲気でした。
東京は便利だけど、娘もいろいろと吸収するものがあったと思います。

電車の旅、目的地もそうだけど、行程が楽しかった。
失敗もあったけどね。
だいぶ気が長くなってきたって証拠かしらね。

観光でボランティアになったかはわからないけれど、
一言で美しい風景といっても、土地の過疎化も深刻と感じました。
山のてっぺんのほうにあったデイサービス、高齢化もね。
いろいろ感じた旅でした。

コメントを投稿

About

2011年8月13日 21:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日本海と太平洋 そして5万歩     七夕まつり」です。

次の投稿は「夏野菜いっぱい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。