« 今日の笑コラ | メイン | 生落花生 »

同じ椅子でも

koushuu201109.jpg昨日は安心と安全の移動と移乗の研修が一日ありました。

移動するとき、人がどういう動きをしているかを知れば、
介護に無理な力は必要ないという事、
今まで当たり前と思っていた動きも、時には邪魔をしていた場合もあるという事を知りました。
人は体重の移動によって動きがとれます。
そこを少しサポートしてあげる事が自身の機能を下げず、
安心で安全な移乗に繋がるのです。

今日はホワイトボードに少し復習をしてみました。
「ぺからず」を書き出したら、たくさんあって驚きました。
いろんな施設から参加した人達と、
日々の忙しさの中で、違う技術を取り入れる事ができるか?それが問題だねと話しました。
これはもう意識改革なので、みんなで知って取り組む必要がありそうです。

家族みんなが使う椅子、おそらく家族それぞれ体格が違っても、
私たちはまだそれに合わせる力を持っています。
力が弱くなった時に、正しい座位を保って食事をするのとしないのとでは、
食事の楽しさも違うでしょう。
まず、出来る事から明日の仕事でいかせればと思います。

研修から帰ったら、お友達から葉書がついていました。
青い空のポストカード、メールではなく葉書が届く嬉しさ・・・。
便利さや、合理性の中で忘れがちな「本来の喜び」を考えた一日でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4542

コメントを投稿

About

2011年9月 9日 10:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「今日の笑コラ」です。

次の投稿は「生落花生」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。