« グローバルの包丁を機に | メイン | アンテナショップのお買い物(高知県) »

映画を観る

itao.jpgどれだけ久しぶりでしょう?
映画を観てきました。
「月光ノ仮面」

今回の芥川賞受賞の作品も評価がわかれるものだったそうですが、
この作品もそうだと思います。
ストーリーを追いやすいものとしては作られていません。
だいぶシュールな作品です(笑)

しかしながら、気持ちよく観てもすぐ忘れてしまう作品も多い中(辛口)、
美しく幻想的な画像や音楽、多くを語らない主人公、
不思議な感覚と謎は、月の光のように記憶の中に静かに残っていきそうな映画だと思いました。
黒沢映画の「こんな夢を見た」というセリフが思い起こされました。

今は伝わりやすさや売れているもので評価の決まる時代ですから、評価は難しくても、
完成度が高くて配役が良かった、久々のスクリーン良かったと思います。

久しぶりに有楽町に出たので、アンテナショップで買い物をして帰りました。
そのお話はまた後日。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4633

コメントを投稿

About

2012年1月23日 16:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「グローバルの包丁を機に」です。

次の投稿は「アンテナショップのお買い物(高知県)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。