« 節分の後は | メイン | 鶏肉の粕漬け »

節分の後は その2

irimame2.jpg味噌と砂糖、酒、みりんとコチュジャンを鍋に入れ、つやが出てねっとりするまで煮詰めます。

鬼打ち豆とくるみを入れ絡めます。
出来上がり!

ヒントは千葉名物のみそピー(味噌ピーナッツ)です。
おつまみにも、ご飯のお供にもよさそうです。

またまたお弁当に入れました。
娘の反応が楽しみです(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4649

コメント (2)

まるみ:

おぁ 昨日に引き続き おいしそうです。
しか~~~し 我が家も当日にきれいさっぱり袋はからっぽ。
絶対 年の数以上食べてる人がいる!
あっ! でもじいちゃん・ばあちゃんは80も食べてないかも(笑)

はるみ:

ポリポリ食べ出すと止まらないのよね。
よく噛むと「ああ、きな粉の味」ってミョーに感動したり・・。
脚光を浴びるのはこの季節だけだけど、一年中売ってるはずなのにね。

このお豆、明日はおにぎりの具にして入れます!
新商品開発だわね(笑)
お豆って楽しいわー。

コメントを投稿

About

2012年2月 8日 06:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「節分の後は」です。

次の投稿は「鶏肉の粕漬け」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。