« 2012年 2月に読んだ本 | メイン | 特別な黒蜜 »

一日遅れ

hinamaturi20122.jpgずいぶん時間をかけて、一日遅れのひな祭りご飯を作りました。
菜の花の辛子和え

hinamaturi20121.jpg里芋と鶏手羽の煮物

蛤のすまし汁
写真を撮り忘れ。

hinamaturi20123.jpgちらし寿司
山盛りの盛りつけですね(笑)

高野豆腐を細かく切って、ヒジキ、こんにゃく、人参、油揚げ、大豆、干し椎茸、蓮根と煮込んだものをすし飯に混ぜ込みました。
すし飯はかために炊いた方がいいと言われますが、
少し柔らかめの方がホッとする家庭の味になると思います。
卵も錦糸卵より、そぼろにしたほうがご飯や具との一体感があるような気がします。

時間かけて作っても、食べるのはすぐですよね(笑)
時間をかけると決めた時は、かけた方が楽しい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4669

コメント (2)

まるみ:

我が家も昔の女の子(笑)のためにちらし寿司を作りました。
酢飯にするとさらにご飯の消費量が増えた男の子たちでした。
山盛りでもあっという間にたいらげました(^_^)v

はるみ:

偉いなあ。
男の子のいるお家では、炊くご飯の量も違うんでしょうね〜。
ウチは「少しでいい」とよく言われます。
私もよく言っていたわ。
たっくさん食べてくれる風景、気持ちよくて母は嬉しいですね!

娘の節句のご飯を作るのも、この先そんなに長いことではないかもなと・・・。
行事のご飯はちょっと頑張ろうと思ってます。

コメントを投稿

About

2012年3月 4日 21:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2012年 2月に読んだ本」です。

次の投稿は「特別な黒蜜」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。