« やっと週末 | メイン | 新生姜でガリ »

2012年 5月に読んだ本

「働く女」  群ようこ
「四月になれば彼女は」  川上健一
「誰かと暮らすということ」  伊藤たかみ
「絶望の国の幸せな若者たち」  古市憲寿
「佐藤初女さん、こころのメッセージ」  小原田泰久
「八月の路上に捨てる」  伊藤たかみ
「私の中の男の子」  山崎ナオコーラ
「発酵レストラン」  小泉武夫
「夢を与える」  綿谷りさ
「「いのち」を養う食」  佐藤初女
「毎日をハッピーに変える3分間ヨガ―オフィスでもお部屋でも体とこころのお悩み解決」  内藤景代
「明日この手を放しても」  桂望実


今月は娘が『ONE PIECE』をお友達から借りてきて、
一緒に読みました。
やっぱり泣けますね〜。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4713

コメントを投稿

About

2012年6月 4日 07:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「やっと週末」です。

次の投稿は「新生姜でガリ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。