« 金環日食 | メイン | 美しさの基準 »

ゆめぴりか

以前、どこだかで主婦が集まった時に、
お米とおかずとどっちが美味しい方が幸せか?という話になったことがあります。
「お肉は安くても、お米だけはいいものを買う」という人、
「ご飯の違いはあまり感じない。おかずが美味しい方がいい」という人。
もちろん、どちらも良いもので美味しいが一番ですけどね(笑)

我が家は土鍋炊きで、ずいぶんと幸せになりました。
ブログで確認したら9年前、すでに炊飯器はありません。
炊飯器のない家って、珍しいわね。きっと。

yumepirika.jpgお米はだいたい生協で届けてもらっています。重くないし(笑)
金賞を受賞したという北海道の「ゆめぴりか」を買ってみました。
粘りが強くて、冷めても美味しいのでお弁当にいいと思います。
アイヌ語で「美しい」という意味の「ぴりか」なんですね。

全国いろんな名前の新しい品種のお米が出てきていますね。
農家の方たちの夢がつまった全国の夢ぴりか、ご飯が大好き!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4728

コメントを投稿

About

2012年5月22日 05:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「金環日食」です。

次の投稿は「美しさの基準」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。