« ゆめぴりか | メイン | 食指が動くの意味 »

美しさの基準

行平鍋、新しいものを買いました。
それがあまりに美しいので、心から惚れ惚れしました。
学校から帰って来た娘に見せたら、
「こんなに綺麗なものは初めて見た」的な(うろ覚え)発言をして、
しばらくじっと見ていました。
きっと宝石を見てもこんなに感動しないかもと思うと、ちょっと可笑しい・・・。

yukihira1.jpg

yukihira2.jpg

yukihira3.jpgこの部分が普通は盛り上がっているのですが、
これは平らに処理されているので、洗いやすいです。
美しい状態が保てるよう、気をつけて使いましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4729

コメント (4)

Zukudase:


このお鍋は 良いお家にやってきたしあわせものです!!
たくさんのおいしいものが創り出されて いくのでしょうね。

Toni:

ごぶさたで~す。
でも、いつも楽しく読んでます。
この鍋、「行平鍋」っていいましたっけ?
別の呼び名もあったような気がするけど、
それがでてこない、歳だなぁ。

注ぎの出っ張りが左右違うなんて、
芸が細かい。しっかりとしたつくり、
鍋にかました取っ手、いいね、これ。

はるみ:

どうしよう。デビュー作は「辛ラーメン」を作ってしまった〜。
私にとって美味しいものだから、鍋も喜んでくれたかも(笑)

鍋がしあわせを感じる使い方って、面白い考えね。
努力したいと思いま〜す。

はるみ:

読んでくださって、本当に嬉しいです!

行平鍋も数々あれど、この作りの細かさには感動すらあります。
さすがToniさん、気がついてくださって嬉しいです。
取っ手をとめている釘の部分、今までのものは下から上に打ってありました。
どうしても緩みやすいのですが、
これは上から打ってあります。
コンロにかけた時の安定感や、底の丸みの具合など今までの物とは段違いです。

メーカー、忘れてしまいましたが、ノーブランドです。
プロが多く使っていると聞きました。

コメントを投稿

About

2012年5月23日 05:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゆめぴりか」です。

次の投稿は「食指が動くの意味」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。