« 美しさの基準 | メイン | 芍薬の花 »

食指が動くの意味

siokouji.jpg桜の季節にお友達のZukudaseさんに会った時に、
「ブログに塩麹が出てきそうなのに、出てこないね」と言われました。
確かに〜。

でも、不思議と興味が持てなかったんですよ。
そういう時に使う言葉「食指が動かなかったんだよね」(正しい)
それを「しょくしゅがはたらかなかったんだよね」(間違い)
と言ってしまった気がします。
ああ、日本語って難しい。というか無知(笑)

話題の品物、頂き物をしましたので、
豚バラ肉塊を3日程つけてみました。
少々厚めにカットして、フライパンで焼き目をつけ、いったん取り出し、
その油でたけのこ、しめじを炒め、出汁と醤油、みりん、柚子胡椒で炒め煮して、
肉を戻し、塩麹を小匙1ほど絡めながら馴染ませ、山椒を乗せて出来上がり。
レシピは思いつきです(笑)
特に脂身の部分が美味しくなりますね。食べやすいです。

グラタンの隠し味にも使ってみました。
洋の味もホッとする旨味が加わります。
なるほど、これが流行る理由なんですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4731

コメント (6)

まるみ:

塩麹 発酵食品で身体にいいらしいですね。
私も買いました。
おさしみに醤油のかわりに塩麹。
アジも塩麹をまぶして半日くらいおいて焼いたり。
子どもたちにも評判よかったですよ。
塩味がマイルドな気がします。

玲子:

偶然私も今日初めて使ってみました。しかも豚肉で!
今年研修で滞在している人が作ってくれた塩麹に水を足して豚の肩肉の塊を煮てみたら、ふっくら美味しく煮上がりました。
寒くなった今日この頃、こんな料理がピッタリな季節です。
今度は炒め物にも使ってみよう!  

はるみ:

もろみとか酒粕よりクセがないので、
子どもからお年寄りまで馴染みやすい味ですよね。

朝、ササミをつけておいて蒸し鶏にしました。
最近は肉汁したたる肉を食べるってことが減ったけど、
柔らかくなるし、さっぱりとするのでいいですね。
仕事柄、お年寄りのお食事にいいなと思いました。

お刺身と食べるとどんな感じなんだろう?
でも、もうなくなっちゃったわー(笑)

はるみ:

海外にいても、さすが玲子さんのところ!
日本の情報も訪れた人達からすぐ伝わりますね。
しかも、全国のよりすぐりの食通さんばかりだから(笑)

煮込み料理の下ごしらえに使うのはいいですね。
ワインにも合う味だと思います。
寒さに向かうNZ、これは流行るかもしれませんよ〜。

まるみ:

おさしみに醤油の代りに塩麹
・・・はちょっと語弊があるかも。
食べる1時間くらい前に塩麹をまぶしておく・・かな?
やっぱりまぶすだと量が多すぎるわ。
ちょっと乗せておく。
ふぅ きちんと説明するって難しい。

はるみ:

昆布締めの昆布みたいなイメージかしら?

北海漬けとかも魚介と麹よね。
お酒がすすみそうだわ!

コメントを投稿

About

2012年5月24日 06:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「美しさの基準」です。

次の投稿は「芍薬の花」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。