« 受け入れる事 | メイン | 夏のヨーグルト »

動く事

何かを始めてみると、自分に対して新しい気づきがあるものですね。

今回のいわき行きは「動いてから考える」っていう、
自分の今までにない行動パターンに我ながら驚きました。

「この施設が出来て、たぶん初めてだと思います」と、
施設の担当者さんに最初に言われました。
今まで、企業の研修や資格を取るための研修はあったそうですが、
個人で県外からボランティアに希望して来た人は、今までいなかったそうです。

いろんな方から「何故来ようと思ったの?」「福島に親戚がいるの?」
「どうしていわきだったの?」「どういうツテで来たの?」と聞かれました。
本当にそうですよね。私も逆の立場だったら聞くもの。
帰って来てから、何人かに話した同僚にも聞かれました。

第一ではないけれど、やはり震災の事はありました。
震災直後は各方面にボランティアに行かれる方も多かったと思います。
若い世代が多く県外に出てしまった福島ですから、
介護は長い目でみなくては、今後ずっと続く事です。

福島の中でもいわきに決めたのは、
高校の同級生の親戚が当時湯本で旅館をやっていて、一度訪れたことがあったからと、
首都圏から近くにある大きな市であることも、その一つでした。

他にもいろいろな考えがありました。
今はまだ自分の中でその考えを確認している最中です。

今回、私は最初にいわき市の「ボランティアセンター」に連絡を取りました。
介護ボランティアを受け入れている施設がいくつかあって、
その中から希望を出してほしいと言われました。
土地勘がまったくありませんから、「いわき」か「湯本」からバスで行ける場所を候補にあげさせてもらって、
回答が来た場所が今回の施設だった訳です。

動いてみないとわからない、その通りですね。
動けるときに動かないと・・・、最近やっと自分の年齢にも気づいた(笑)ので、
主婦、母、娘の立場、いろんな天秤にかけながら、
自分のやってみようと思う方向に比重が傾いた時は動いてみようと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4774

コメントを投稿

About

2012年7月19日 06:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「受け入れる事」です。

次の投稿は「夏のヨーグルト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。