« ガスパチョ麺 | メイン | コリコリ »

桃と李

touri.jpgzukudaseさんから桃を頂きました。
生協からスモモ(太陽プラム)が届きました。
今年はモモが美味しいですね。

スモモの事は「李」というそうです。

『桃李言わざれども下自ずから蹊を成す』
(とうりいわざれどもしたおのずからけいをなす)

徳ある者の下には何ら特別なことをせずとも自然と人々が集まって服するということ。
桃や李(スモモ)は言葉を発することはないが、
美しい花と美味しい実の魅力にひかれて人々が集まり、
その下に自然と道ができることを例えた言葉。 (司馬遷「史記」の解説引用です)

「奇蹟のりんご」を今読んでいます。
自然の中でくだものを育てる難しさ、噛みしめています。
中国でこの言葉が出来た頃の桃やスモモの木はどんなだったのでしょう。
思いを馳せてしまいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4797

コメントを投稿

About

2012年8月16日 23:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガスパチョ麺」です。

次の投稿は「コリコリ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。