« カスピ海ヨーグルトのその後 | メイン | 黄金の・・・・ »

2012年 9月に読んだ本

「温室デイズ」  瀬尾まいこ
「経験を盗め」  糸井重里
「成りあがり」  矢沢永吉
「はたらきたい」  ほぼ日刊イトイ新聞
「私たちには物語がある」  角田光代
「仙台ぐらし」  伊坂幸太郎
「あるキング」  伊坂幸太郎
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」  鴨志田穣
「くじけないで」  柴田トヨ
「母に歌う子守唄 わたしの介護日誌」  落合恵子
「パラレル」  長嶋有
「幸せなるかな本を読む人」  長田弘
「3652」  伊坂幸太郎
「ぼくが愛したゴウスト」  打海文三
「妄想気分」  小川洋子
「山椒魚」  井伏鱒二
「八朔の雪 みをつくし料理帖」  高田郁

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4824

コメントを投稿

About

2012年10月 4日 06:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カスピ海ヨーグルトのその後」です。

次の投稿は「黄金の・・・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。