« ドライマンゴー、どう食べる? | メイン | 程よい焼き目 »

柿の葉寿司

kakinoha.jpgプランターに蒔いた干し柿の種から芽が出て、
すくすくと育っている柿の木。
柔らかい青い葉を使って柿の葉寿司を作りたかったのです。
強風にも日照りにもがんばって大きくなってくれた葉っぱ、
「ありがとね。ちょっともらうね。」と言いながら、収穫?!しました。

ちょうどいい大きさの葉がまだ少ないので、7,8枚使って押し寿司にしてみました。
鯵の酢じめと、大葉、自家製ガリを使いました。
買ってくるものと思っていた柿の葉寿司が家でできるって嬉しいです。

檀一雄さんの「壇流クッキング」にあったような、
握りを一つ一つ包む柿の葉寿司をいつか作ってみたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4831

コメント (2)

tomoko:

 はるみさ~ん 凄いわ.....

「買ってくるものばかり」と、私も思っていました・驚

17年前と変わらず、何でも 自分の物にしちゃう姿勢.....

、見習わなくちゃ 思い続けて17年・笑

はるみ:

ありがとう!
ほんとに我が家の食卓は忙しい!(笑)
クオリティーは高くないので自分の物とは言えないんだけど、
実験料理が多いかもしれないです。

四角いパッドの手頃な大きさがなかったので、牛乳パックを使いました。
なんでもテキトーにあるものでっていうのが、私流なんですね。きっと。

ちゃんとレシピが紹介できるような記事が書きたいものです。

コメントを投稿

About

2012年9月17日 07:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ドライマンゴー、どう食べる?」です。

次の投稿は「程よい焼き目」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。