« 十六夜(いざよい) | メイン | カスピ海ヨーグルトのその後 »

みをつくし料理帖

miwotukkusi.jpg先週放送された「みをつくし料理帖」がとても面白かったので、
本を今読んでいます。
久しぶりの時代小説です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4853

コメント (2)

玲子:

友人にもらって読んで以来、私もすっかり大ファンですー!次巻が待ち遠しくて。
高田郁さんの他の本もおすすめですよ。

はるみ:

ご無沙汰しています。
足の具合はいかがですか?
いつも落ち着いている玲子さんもこういう事があるのかしら?と、
ブログを読んで驚きました。
お大事にしてくださいね。
私もあちこち痛くてハリ治療中です。無理は出来ませんね(笑)

この本は娘も読むだろうと、久しぶりに揃えたい本です。
チャンバラも仇討ちも捕り物もない時代小説、料理というテーマが私たちの心を引きつけますね!
さすが玲子さんのお友達、ツボを心得てらっしゃるわ。

コメントを投稿

About

2012年10月 2日 06:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「十六夜(いざよい)」です。

次の投稿は「カスピ海ヨーグルトのその後」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。