« もち米でお餅を作ったら | メイン | 夢民のカレー »

きのこが主役

namekoimo.jpg今夜のご飯の主役はこの立派な「なめこ」です。
またまたZukudaseさんから頂戴しました。
我が家の季節感はZukudase家から感じています。
季節のお野菜、くだもの、いつもイキイキです。
長野っていいなあ!

里芋、牛肉、ごぼう、ねぎ、白滝の芋煮風です。
なめこ、里芋、ねぎを煮込んでとろっとしています。
あー、温まります。
本当にいつもありがとうございます!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4897

コメント (2)

zukudase:

素材も それを活かして食べることが
いただく者の礼儀なのかも。

春美さんのお料理を拝見していて思います。
いつも楽しんでくださってありがとう。

はるみ:

きっと手を加えすぎず、
素材の味を楽しむのが土地の方の食べ方だと思うんだけれど、
確かに素材がいい時は、足し算より引き算の料理の方が美味しいですね。

以前は食が細くて、食べる事にあまり興味のなかった私(ホント)だけれど、
楽しくたくさん食べる家族とお友達のお陰です。
料理は誰かの為に作るのだわー。

新しい課題を与えてくださる(笑)Zukudase家には感謝感謝です。

コメントを投稿

About

2012年11月 9日 21:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「もち米でお餅を作ったら」です。

次の投稿は「夢民のカレー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。