« 見〜つけた | メイン | まるで豚バラ?! »

2013年 2月に読んだ本

「生きるコント」  大宮エリー
「雪と珊瑚と」  梨木香歩
「もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら」  工藤美代子
「向日葵の咲かない夏」  道尾秀介
「片目を失って見えてきたもの」  ピーコ
「そして生活はつづく」  星野源
「でーれーガール」  原田マハ
「きずな」時代小説親子情話 細谷正充編 
           (宮部みゆき、池波正太郎、高田郁、山本周五郎、平山弓枝)
「一分間だけ」  原田マハ
「小さいおうち」  中島京子

ドラマのビブリア古書堂の事件帖が放送され、
題材に取り上げられた本が売れているそうですね。
私も観ています。
古書という領域は詳しくないけれど、
本の楽しみ方にもいろいろあるのだなと思います。

今月は眼精疲労と戦いながら(戦わなくてもいいのに(笑))、10冊読みました。
「みをつくし料理帖」を職場に人に貸し出したら、
お礼に「きずな」という5人の作家さんが書いた時代小説の本をプレゼントしてくれました。
発表されていなかった高田郁さんの短編が載っていました。
粋な時代小説が好きな方のする事は、さすがだなと感心してしまいました。
5話とも、とてもいいお話でした。

原田マハさん、よかったです。
「一分間だけ」は犬を飼っていない人だって、どうしたって泣けちゃうお話です。

「小さいおうち」は初めての中島京子さんの小説でした。
私と同じ年のお生まれで驚きました。
昭和初期を生きた女性の生き方、暮らしを丁寧にリアルに描いたお話です。
ストーリーは違うけれど、私は夏目漱石の「こころ」をふと思い出しました。
映画にもなるそうで、キャストも気になりますが、
私にとっては読書のよさをしみじみ感じた作品です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4973

コメント (4)

zukudase:

今日は風が強いですね。
暖かいのはいいですが、花粉が気になります。

2月もたくさん読みましたね。
私は、眼精疲労に負け続けています。

Harumiさんは、毎日ていねいに生きていらっしゃるなぁ
と、いつも感心し、背筋が伸びる思いです。

参考にさせていただいて、
たまには図書館にいってみようかな。

はるみ:

まだニュースを観ていないんですが、今日の風は春一番ですね。
花粉症の方には辛い季節がきますね。

Zukudaseさんとの長いおつきあいの中で、
読書の話題は確かハリーポッター(初期)くらいかしらね?
どんな本がお好きなのかしら?
我が家にあるお勧めは「みをつくし料理帖」ですよ。
よろしければ春の読書にいかがですか?

そうでありたいけど、ていねいかしらん。
無駄な事を考えてはいつも右往左往して、消耗だけしています。
煩悩が多くて、燃費が悪いんですね。
だから本を読むんだなと感じています。

Zukudaseさんは聡明で落ち着いていて、いつも学ばせて頂いています。

zukudase:

私は、行き当たりばったりの乱読です。
じっくりと読みこむことは、めったになくて
イメージで流し読みしてしまうので、
主人公の名前さえ覚えていないことも…

おかしいでしょ?

梨木果歩さんんは、好きです。

はるみ:

梨木果歩さん、分かる気がします。
きっとKozukuちゃんも好きではないですか?

あやふやな記憶!同じです。
この間「ビブリア(古書堂)」を「ビブリオ」って言いそうになって笑えました。
それじゃ菌ですよね〜。

コメントを投稿

About

2013年3月 1日 07:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「見〜つけた」です。

次の投稿は「まるで豚バラ?!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。