« まるで豚バラ?! | メイン | バッグの中の薔薇 »

メインは

chirasi2013hina1.jpg日曜日のひな祭りだから、
頑張ってちらし寿司です。
いろいろ具材を乗せたけど、
chirasi1013hina2.jpgメインは肉厚干し椎茸です。
大分の天日干しどんこ、味のよねくらさんで買いました。
娘が小さい頃から干し椎茸が好きなのは、こちらのお陰だと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/4993

コメント (4)

まるみ:

今日は楽しい雛祭り♪
きれいです。
おいしそうです。

我が家も男の子しかいないけどちらし寿司にしましたよ。

ところで ちらし寿司ってほんとはどんなもの???
実家ではかんぴょう・人参・しいたけ・蓮根などを煮たものを混ぜ込んだ酢飯に刺身・錦糸卵・きゅうり・海苔などトッピングするのがちらし寿司なんでずっとそう思っていたんですが 寿司屋に行くとただの酢飯に刺身やら乗ってますよね。

sacchan:

ひな祭り。
娘たちが大きくなった今でも人形だけは頑張って出すけど、後は思い切り手抜き(^^;)

昨日も「~太郎」の力を借り、特売のサーモンとイクラを散らしただけの「ちらし寿司」。
それでも我が家は満足できちゃうので、なんて安上がり♪

我が家も椎茸の含め煮はだぁい好きよ!ごろごろ入っていたら大喜びだわ♪
私も是非よねくらさんに行ってみたいわー(^^)

はるみ:

私の実家はその海鮮丼のようなちらし寿司だったんですよ。
ちょっと思い出しました。

何種類かの刺身と椎茸の含め煮、酢蓮、卵焼き、絹さやかしらね。
銘々の簡単なお弁当箱みたいなお重に入ってました。
ひなまつりというより、何かハレの日のご馳走だったような気がします。
子どもは私一人みたいな家だったので、どちらかというと大人のご馳走(笑)
ご飯は白の酢飯でした。
そうそう、わさびが添えてあったなあ。海鮮重ね。

実家は大皿で取り分ける習慣がない家だったのと、
酒飲みが多かったので、ご飯と刺身と別々に食べたかったのかな?
だから、このタイプのちらし寿司ももちろんちらし寿司なんだけど、
なんとなく母のも食べたいなと思う時があります。

私のは毎回違うので、思い出の味にならないかも。
鶏肉入れたり、大根入れたりね。
まるみさんは小さい頃からこのちらしなんですね。
いただいたコメントのお陰で、小さい頃の食卓を思い出しました。

はるみ:

お人形を出して、〜太郎だってちらし寿司を作ったら全然手抜きじゃないわよ〜。
今回は腰に自信がなかったので、おひな様にはお休みしていただきました。

多めに作って、翌日の蒸し寿司が楽しみな私です。
温かいお寿司って昔は嫌だなと思っていたけど、
甘くてデンブとか入ったほんわかお寿司もいいなと思います。
チンぢゃなくて(力!が入ります)、蒸すとこがポイントかしらね。

築地でのお買い物、格安ということはないけれど、
たくさん入っているお得感と品質での満足感は絶対にあると思うわー。
干し椎茸、嫌いだったんですもの。私。
通販もありますよ。築地で買うのが一番楽しいけれどね。いつでもご一緒します!

コメントを投稿

About

2013年3月 3日 19:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まるで豚バラ?!」です。

次の投稿は「バッグの中の薔薇」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。