« そぼろ丼 | メイン | 映画 舟を編む »

フライパンで肉じゃが

肉じゃがといえば豚肉って思うんですけど、
関西では牛肉が主流だそうですね。
せっかく牛肉で作るので、すき焼き風にそれぞれの味が重ならないようにフライパンで肉じゃがを作ってみました。
gyujyaga.jpg肉に火が通り過ぎてかたくなるのは嫌なので、
先に割り下でサッと肉を温めて取り出します。
出汁を加えて他の具材が煮えたところに肉を合わせてみました。
普段の煮崩れ系とちょっと違う牛肉とじゃがいもの煮しめみたいな肉じゃがになりました。
作り方によって違うものですねえ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5042

コメント (2)

まるみ:

\(◎o◎)/!
肉じゃがは牛肉で作るもの と思ってましたわ。
すきやきも割り下を使わないですし・・・。 
おうちによってスタンダードは違うんですね。
おもしろいわ。

はるみ:

肉じゃがはそれぞれのお家の味が違いそうですよね。
さすが牛肉、翌日がまた美味しかったです。

じゃがいもには豚肉、里芋には牛肉という気がしてしまうのは、
山形の芋煮のイメージかしら?
調べてみると、東西でパックリと牛肉豚肉が分かれているみたいです。
割り下もどちらかというと関東の食べ方ですよね。
父は広島だったので、割り下は社会人になってから知りました。

面白いですねえ。豚肉もいいですよ。一度お試しくださ〜い。

コメントを投稿

About

2013年4月17日 22:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そぼろ丼」です。

次の投稿は「映画 舟を編む」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。