« まっさかり | メイン | めげないグラタン »

かに玉ならぬ ほたて玉

tennsin2013.jpgご飯に乗せてないので天津飯じゃないし、
蟹じゃないので、かに玉でもない(笑)
帆立缶を使った「ほたて玉」、生の筍があると作りたくなるんですよね。
だって真空パックを使うのと、全然違うんですもん。

帆立のほぐし身の缶詰はあると便利です。それだけで味わい深い。
あんは出汁を使って和風にしました。
一本の筍でどんだけ使い回しているんでしょ。4日分も書きました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5048

コメント (2)

sacchan:

おいしかったら良いじゃない?♪
その都度目先を変えて、素晴らしいです!
季節のものを存分堪能する。限りなく贅沢だと思うわ(^^)
私もカレンダー通りの連休を利用して、今年の筍仕入れなきゃ。。。
まだあるかしら?

はるみ:

おとといの天声人語が「逃げて去る春の食材」でした。
春の旬の味はその時を逃すと一年待たなきゃ、なんですよね。

産地が北上しながら、まだ筍を見かけますよ。
私もまだ木の芽和えも、穂先の味噌汁も作りた〜い。
逃去る前につかまえましょう!

コメントを投稿

About

2013年4月24日 21:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まっさかり」です。

次の投稿は「めげないグラタン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。