« 残暑お見舞い申し上げます | メイン | すき身たら »

2013年 7月に読んだ本

「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)」  大崎梢
「オケ老人!」  荒木源
「忘れがたい場所がある」  遠藤周作
「人間自身 考えることに終わりなく」  池田晶子
「銀二貫」  高田郁
「ふむふむ おしえて、お仕事!」  三浦しをん

高田郁さんの「銀二貫」がとてもとても良かったので、
一冊もとめて、手元に置いておきたいと思っています。

隣の駅の近くにあった本屋さんが、先月お店をしめてしまいました。
いつまでもそこにあると思っていた風景がなくなるというのは、
なんと哀しいことでしょう。
友人のお嬢さんに読んでほしいなあと思った本があって、
ここならあると思ったジュンク堂に行ってみて、絶版になっていたと知りました。
これだけはネットで買って、贈りものにさせていただきました。

tuta.jpg8月もゆっくりペースで読んでいます。
幸田文さんの本と出会って、感動し、じっくりと読んでいます。

京都の旅で撮った蔦の写真です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5108

コメントを投稿

About

2013年8月 9日 21:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「残暑お見舞い申し上げます」です。

次の投稿は「すき身たら」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。