« 京都へ | メイン | 湯葉そうめん »

真似る

和菓子作りの体験を通して、真似るってとても大切な事なんだなあと感じました。
見本をしっかりと見る、全体、細部をよく観察して自分で考えます。
学ぶの語源とも言われる真似るという言葉、
つい自己流になってしまうけれど、よく見て考える、いろんな事の基本ですね。

賀茂なすの田楽を京都で食べました。
今まで上手く作れなかったけれど、目と舌の記憶をたどりながら作ってみました。
kamonasu2.jpgやっぱり、食べて真似る!いいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5112

コメント (2)

玲子:

美しくできましたね〜。
美味しいものを作りたかったら、(外で)美味しいもの食べなきゃって言いますものね。すぐに試してみるところがまた偉い!

はるみ:

ありがとうございます!
京都の白みそを早く試してみたかったんです。

今、日本に来ているお2人が美味しいものと、新しい味を仕入れて帰ってくれる事でしょう〜。
玲子さんのブログを読んでいると、NZと日本は本当に真逆なんだなあと驚きます。
日本、灼熱ですよ!!

コメントを投稿

About

2013年7月12日 06:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「京都へ」です。

次の投稿は「湯葉そうめん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。