« 地元だから | メイン | メカジキの黒酢炒め »

洗い方を変えてみたら

先月読んだエッセイの中に、
中年以降の髪のぱさつきに悩んでいたら、
美容師さんから「シャンプーのつけ過ぎでは?」と指摘され、
洗い方を変えたらツヤ髪が戻ったというお話がありました。

ある程度しょうがないものと思い込んでいましたが、
洗い方を変えてみたら、ずいぶん様子が良くなりました。

ぱさつく原因は髪の毛の洗い過ぎだったんだな思います。
秋風が吹くと、とたんに指先がカサカサしてきます。髪もですよね。
ポンプ式はついたくさん取りすぎるので、必要な分を加減できる小さいボトルに移して使っています。
irekae.jpgエッセイにあった概略を参考にした私のやり方ですが、ご興味ありましたら続きをどうぞ。

●シャンプーの前によくブラッシングします。
●お湯で地肌からすすぐ時のような気持でしっかりと地肌を洗い流します。
●シャンプーを手に取り、両手で泡立てるようにこすります。
●程よく泡立った所で、生え際から徐々に顔のラインに沿って、地肌にシャンプーをこすりつけていきます。
●襟足まで来たら、頭の中心に向かって地肌だけを指の腹でこすって洗っていきます。
●頭の中心部にシャンプーが足りなければ、もう一度泡立てて追加して洗います。
●頭皮マッサージをするつもりで、全体を中心に向かって引き上げるようにゆっくりと洗っていきます。
●頭皮を洗っているだけでも自然に髪全体にシャンプーがいきわたっているので、
こすらず髪全体を梳く(すく)ように2〜3度指を通して髪全体を洗います。
泡立たなくても気にしません。
●洗うのと同じくらい時間をかけて地肌から流してゆきます。
●リンスやコンディショナーの使い方はいつも通りです。

洗う時も流す時も顔を上向きで洗っています。
ドライヤーは全体をターボで乾かしたら、なるべく冷風をあてて水分が飛びすぎないように気をつけてみています。

つや髪ウェーブ、大人の理想と感じてしまうのですが・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5159

コメントを投稿

About

2013年9月10日 19:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「地元だから」です。

次の投稿は「メカジキの黒酢炒め」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。