« バッグの自立支援 | メイン | 休日フレンチトースト »

日本新聞博物館

何年もやってみたいと思っていた新聞の読み比べ、
今月から新聞2紙をとっています。贅沢です。

横浜情報センター内にある日本新聞博物館へ行ってきました。
目的は『92歳の報道写真家 福島菊次郎展』です。
fukusima-kiku2.jpg15万部を印刷出来る輪転機。
見上げる大きさです。
fukusima-kiku1.jpg反骨の写真家、敗戦すぐのヒロシマから、
90歳のフクシマまで。

報道写真家という職業が世の中に知られていない時代から、
被写体にカメラを向け続け、真実を伝える為に戦い続けたメッセージ、
それは貴重な日本の歴史です。
困難な時代をいくつも乗り越え、今の豊かな日本があるわけですが、
誤った過去を繰り返さない為にも、過去を振り返るということは大切だと感じました。
多くの写真と丁寧な文章で紹介されていますが、
ペンの力、写真の力、その衝撃の強さは1枚の写真で痛い程伝わります。
10月20日(日)までです。

fukusima-kiku3.jpgzukudaseさんにお付き合いいただきました。
帰りに中華街へ寄り道しました。
こんな写真が撮れるのも、平和な時代の証ですね。

しかし今この時も、歴史の中を生きていて、
平和がいつも当たり前のように近くにあるものとは限らないということも忘れてはいけない事なんだと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5173

コメントを投稿

About

2013年10月11日 20:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「バッグの自立支援」です。

次の投稿は「休日フレンチトースト」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。