« 休日フレンチトースト | メイン | せいろデビュー »

予習はバッチリ?!

先日、Zukudaseさんと中華街の謝甜記で中華粥を食べました。
この日は行列なく入れました。
syatenki.jpg実は夕食に作りたかったので、いい予習になりました。
私が食べたのはこの写真の牛のモツのお粥です。
ハチノスがとろけるように柔らかくて美味しかったです。

中華のお粥に忘れてならないのが、上に乗っている揚麩です。
もちろん、買って帰りました。
shatenki-mane.jpgお米はあらかじめ洗ってザルにあげ、少量の油で膜を作っておきます。

干し貝柱はぬるま湯で戻し、細かくさいておきます。

作りたい分量のたっぷりのお水を鍋に入れ、お米、貝柱を入れてコトコトと煮ていきます。

鶏のササミを沸騰してから入れ、火が通ったら引き上げ、手でさいておきます。
時間をかけて、途中よくかき混ぜます。
そのほうがトロっと仕上がります。好みで塩で味付け、鶏のササミを入れて食します。
揚麩、一本は冷凍保存しました。また作ろうと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5175

コメントを投稿

About

2013年10月14日 06:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「休日フレンチトースト」です。

次の投稿は「せいろデビュー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。