« 心ときめく | メイン | ミルクプリン »

2014年  2月に読んだ本

「漢方小説」  中島たい子
「親子って何だろう」  なだいなだ
「お茶からお茶へ、旅から旅へ」  伊藤ユキ子
「諸国空想料理店」  高山なおみ
「ぜんぶの後に残るもの」  川上未映子
「光待つ場所へ」  辻村深月
「「ほどほど」がだいじ がんから5年」  岸本葉子
「無限の網」  草間 彌生

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5257

コメントを投稿

About

2014年3月11日 21:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「心ときめく」です。

次の投稿は「ミルクプリン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。