« オプツーサの花 | メイン | 端午の節句 »

2014年 4月に読んだ本

「想像ラジオ」  いとうせいこう

4月は1冊だけで、活字からちょっと離れた月でした。

文章が読みたいなと思った時は、向田邦子さんのエッセイを繰り返し読んでいました。
何度読んでも生き生きとした文章で、心が活性します。

靴の修理屋さんで借りた「想像ラジオ」、
「想像すれば聞こえるはずだ」、
一日の中で想像することに使っている時間がどれだけあるか、考えてみました。

そして、今月はもう一カ所、図書館とは違う場所で本を借りて読んでいます。
本を通じての人との出会い、
本のつながり、面白いなあと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5321

コメントを投稿

About

2014年5月 3日 06:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オプツーサの花」です。

次の投稿は「端午の節句」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。