« 読書の心地よさ | メイン | 肉詰めにプラスする »

ちょっと違う かぼちゃのお粥

お米の粒がなくてクリームのように濃厚な韓国のお粥、ご存知ですか?
その不思議な食感、どうやって作るのかというと白玉粉を使うんだそうです。

胃の疲れを感じて、お粥を食べたくなりました。
白玉粉を使わず、お米とお水と南瓜をコトコトとお鍋で柔らかくなるまで煮て、
ミキサーでとろりとさせてみました。
さっぱりとしていて、これなら思いついた時に作れます。
kabocha-kayu.jpg松の実を飾って韓国風をアピール(笑)
ほんのり甘くて、じんわりとお粥の味わいもあって食べやすいです。
あずきなんかも合いそうです。
味わいのあるおもゆ感覚、お腹をいたわりたいときに最適です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5350

コメントを投稿

About

2014年6月17日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「読書の心地よさ」です。

次の投稿は「肉詰めにプラスする」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。