« 2014年 7月に読んだ本 | メイン | 立秋の空 »

香りが違います(昔みそ)

練馬に麹から作っている味噌屋さんがあるというのは、
テレビや情報誌から知っていることではありましたが、
その「昔みそ」は食べたことがありませんでした。
mukasi1.jpg私の情報の師匠Tさんが中村橋の「昔みそ 糀屋三郎右衛門」さんに連れて行ってくれました。
この建物には、味噌を作る為に必要な菌が住んでいるそうです。
天井の梁や、壁、大きな味噌樽、古くて優しく懐かしい香りです。
蝉の声、緑の風、ここは練馬かしら?と思うけれど、
地域に愛されながら、この場所にずっとずっとあったんですね。

mukasi2.jpg味噌は甘口米麹、甘酒と塩麹も買いました。
この近くの小学校の給食はこの昔みそが使われているそうです。
甘酒、塩麹、いろいろな使い方を教えて頂きました。
俳句の夏の季語の甘酒は昔からの栄養食、
明日は仕事先に冷やして持っていこうと思っています。

mukasi3.jpg袋を開けたとたんに、麹のいい香りです。
まずはそのままを!生きている味噌の優しい香りです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.redolog.net/mt/mt-tb.cgi/5383

コメントを投稿

About

2014年8月 5日 20:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2014年 7月に読んだ本」です。

次の投稿は「立秋の空」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。